大阪の美容学校の種類

大阪の美容学校の多くは、文部科学省が認可した学校法人です。

経営的にも安定しており、公共性が高いのが特徴です。継続的な教育を通じて、社会に貢献することが期待されています。そうしたことで、税制面の上で様々な優遇措置が受けられます。学生側としても、通学の際に定期券を学割で購入できたりします。

学生に就職先を紹介するには、普通なら各種届け出が必要になります。それが法人になっていれば、簡単な届け出だけで行うことができるわけです。美容スクールには法人系以外にも、業界の組合などによる協同運営のスクールもあります。こうしたスクールは、業界との関係が強いので就職面で有利です。大阪の美容師養成施設では、厚生労働省の規定に沿ったプログラムが組まれています。

一方組合系のスクールでは、趣向を凝らしたカリキュラムが色々と組まれています。スクールを選ぶ際には、そうしたカリキュラムの特徴を押さえておく必要があります。スクールでは業界基準に適ったカリキュラムが組まれますが、スクール独自の特徴が表れている場合もあります。設備や教室に関しても千差万別で、それぞれの事情に合った構成になります。ちなみに美容師の国家試験を受けるには、厚生労働省の指定を受けた学校を卒業する必要があります。大阪の美容学校の大半は専門学校となり、就学年数が2年以上と規定されています。また、1年間の授業時間数は800時間以上となります。こうした規定を満たすことで、文部科学省から認可を受けられるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *